イベント|コンサート|株式会社東北メディアクリエイション│宮城県│仙台市│コンサート企画プロデュース│タレント紹介│司会者紹介│音響│照明

 

東日本大震災関連

 

自衛隊の活動及び震災復興に貢献

自衛隊の活動及び震災復興に貢献
 
フォーム
 
社長、大学生らに防災講話
8月24日、東北福祉大学、神戸学院大学、東京工学院大学の三大学で組織されている「社会貢献学会」の学生の方々に対し、東日本大震災時の避難所運営の実態や災害に備える心構えなどについて話した。
学生達は、社長の生々しい体験談を交えた講話に真剣に耳を傾けていた。
午後から、社長の案内で自衛隊(航空部隊)を研修し災害時における航空部隊の活動について研修した。
 
避難所でアメリカ空軍太平洋音楽隊の演奏をプロデュース
アラスカのエルメンドルフ基地から来日したアメリカ空軍太平洋音楽隊を仙台市若林区内の避難所となった蒲町小学校に招待し、被災者の方々にひとときの感動と癒やしを提供した。
これは、社長の呼びかけで地域の町内会長さん達が賛同して実現したもので、会場となった体育館には約800名の方々が集まった。
特に、米軍の女性ヴォーカルの方が日本語で「りんごの唄」を歌い出すと同時に、客席から大きな声援と曲に合わせた手拍子が送られた。また、この曲を聴いて涙する観客も多く見うけられた。
この演奏会を開催するにあたり、社長は「普通の体育館の雰囲気では気持ちの伝わりが少ない」と言うことでコンサートホール並の雰囲気で提供したいと照明等も全て持ち込みさせて行った。
 
震災復興チャリティージャズコンサートをプロデュース
7月8日及び9日の二日間、サンフランシスコを拠点に世界各国で活動しているジャズサックス奏者のジムバトラーとその一行をお迎えし、震災復興チャリティーコンサートを開いた。
このコンサートには、社長の呼びかけでプロジェクトを立ち上げ埼玉、東京などの各企業からの協賛を頂き開催の運びとなり、募金と収益の一部を塩竃市等を通じて被災者に寄付された。
会場となった塩竃遊ホールには、地元塩竃市だけではなく仙台市内からも多くのファンが駆けつけ、ひとときのジャズに酔いしれた。
また、社長がチケット100枚を買い取り塩竃市内の避難所の方々にプレゼントし招待した。
 
スター混声合唱団慰問演奏をコーディネート
6月20日、タレントの山田邦子さんや歌手の倍賞千恵子さんらで結成する「スター混声合唱団」の慰問演奏をコーディネートした。
当日朝、新幹線で仙台入りした一行は社長と合流しバスを貸し切って多賀城の避難所や仙台市内の避難所など3箇所をまわり慰問演奏を行った。
特に、倍賞千恵子さんが懐かしい「忘れな草」を熱唱すると目頭を押さえる方々を多数見うけられた。
最後に、この震災の救助活動で大活躍している自衛隊を訪問し不眠不休の隊員の方々を激励した。
 
遊佐未森さんの慰問コンサートをコーディネート
5月5日(子供の日)仙台市出身のシンガーソングライター「遊佐未森」さんの慰問演奏をコーディネートした。
集約避難所となった旧サンピア仙台前には、避難所の方々以外の音楽を聴きつけた近所の方々など約80名が集まり約1時間のコンサートを楽しみゴールデンウイーク最終日を締めくくった。
株式会社
東北メディアクリエイション
〒984-0822
宮城県仙台市若林区かすみ町5-24
TEL.022-286-3824
FAX.022-290-6025
────────────
・コンサート企画プロデュース
・タレント紹介
・司会者紹介
・音響
・照明
────────────
078951
<<株式会社東北メディアクリエイション>> 〒984-0822 宮城県仙台市若林区かすみ町5-24 TEL:022-286-3824 FAX:022-290-6025